チャットレディと風俗嬢のメリットとデメリットとは

チャットレディと風俗どっちが稼ぎやすい?

チャットレディのメリットと、ガールズバーや風俗やキャバクラなどのメリットを比べるとどちらがいいのでしょうか。

女性が稼げる仕事のキャバクラなどと比べると、オンラインのキャバクラと言われているチャットレディは似ています。

チャットレディはなんといってもネットというバーチャル空間を介して、男性客とおしゃべりするだけなので、キャバクラと比べるとかなりアドバンテージがあるといえます。

チャットレディのデメリットとしては、知り合いなどがライブチャットで遊んでいたら、顔を見られて身バレしてしまう可能性がありますね。

ピンサロやファッションヘルスなどと比べてみても、チャットレディの方が圧倒的にメリットが多いといえます。ヘルスはセックスをしなければいけないという負担があります。

風俗や水商売などの高時給なお仕事と、チャットレディを比べてみると、結局どっちがお得なのでしょうか?それは間違いなくチャットレディだと思います。

女性の副業や高収入として筆頭格のヘルスやキャバクラなどと比べても遜色ないほど稼ぐことができるのがチャットレディです♪

この記事では、チャットレディをやった場合のメリットとデメリットを比較しているのでぜひ参考にしてください。

チャトレのメリットはどれくらいある?

メリット1 アルコールを飲まなくていい

チャトレの一番最初に思いつくメリットとして、男性客と物理的にあう必要がないというところです。

目の前に男性客がいるわけではないので、体を触られたりアルコールを飲んだりという必要もなく、気楽な雰囲気で仕事出来るのが女性にはとても大きなメリットです。

たまにはもちろん、チャットサイトにも悪質な男性ユーザーがいます。たとえばノンアダでやっているのに、おっぱい見せてとかいってきたり、顔出しNGでやっているのに顔見せてといってきたりするお客さんです。そういう客は強制ログアウトなどを使えばいいので安心してお仕事できます。

メリット2 時給が高く稼ぎやすい

チャットレディは一般的に高時給と言われている風俗などと同じくらいの時給を誇ります。平均すると3000円から5000円くらいで、ライブチャットサイトによってばらけますが、最高時給で7200円にもなるんです♪

月収に換算するとアダルトありかなしか、顔出しありかなしかによっても変わりますが、毎月20万円以上稼ぎ続けている人もたくさんいます。

毎月の報酬額支払いランキングの上位に食い込んでいる常連さんなんかは、毎月数百万円を軽々稼いでいます。

メリット3 自宅でも通勤でもどちらでもいい

チャットレディは自宅で出来る点がすごいいいですよね♪出勤する必要もありませんし、なにか道具を用意する必要もありません♪

出勤が絶対に必要になってくるキャバクラや風俗などと違い、ものすごい自由度が高いです。

メリット4 自分の空いた時間に働ける

チャットレディはスマホだけでもお仕事可能なので、家だけでなく出先でも気軽にお仕事することができます♪

自分の好きなタイミングで働くことができるので、隙間時間を有効活用できます。

チャットレディだけではなく、男性ユーザーもスマホ一台で女性とのチャットを楽しめるので、気軽にチャットサイトを使っている人も多く、ライブチャットに滞在している男性客は絶えることがありませんので、稼ぎやすいです。

メリット5 容姿に関係なく採用される

キャバクラなどは人によってあうあわないがあるので、そのお店の特徴にあっていない人がいくら応募しても面接の際に落とされる確率が高いです。

チャットレディはデータ的に在籍すればいいだけなので、チャット運営者側にとって採用したら費用がかかるということもないので、ほぼ全員が受かります。

私がチャットレディに応募したときも右往左往するような形でしたが、簡単に採用されて、即日働けるようになりましたし、周りの人もチャットレディをやっている人がたくさんいますが、落とされたなんて話は聞いたことがないですね。

チャットレディのすごいところは、登録で誰でも落とされることがないという点だけではなく、面接があって登録が完了したその日のうちにもうすでに働けるようになるという点です。

メリット6 見た目がよくなくても稼ぎやすい!

チャットレディは顔出しなしでもやることができるので、キャバクラや風俗と比べて容姿を一切気にする必要もありません。

脱ぎありのアダルトチャットレディは顔を見せなくてもセクシーポイントがあるので、それだけで稼ぐことができちゃうんです♪

ライブチャットを日常的に楽しんでいる男性というのは、風俗やキャバクラなど日にならないくらい圧倒的に多くて、それだけ男性が多ければ、自分のことを好きに思ってくれる、相性のいい男性もたくさにるということです。

チャットレディは容姿端麗でなくても、いろいろな稼ぎ方があります。メールだけでも何万も稼いでいる人もいますし、スタイル抜群さを売りにしている人もいますし、アダルト一本でやっている人もいます。自分にあったスタイルを売りにしましょう!

デメリット1 身バレする可能性がある

チャットレディのデメリットと言えば不特定多数の人に見られる顔バレなどがありますね。

ライブチャットを顔出しありでやっていると、待機中に自分の顔を写していて、もし知り合いがそのライブチャットで遊んでいたら、身バレしてしまうリスクがあります。

上記のような顔バレのリスクはありますが、女性にはメイクというスキルがあるので、いくらでも別人になれるので、顔バレしたくない人はメイクをいつもと違うものにしたりウィッグを使ったり衣装を変えてみたりしましょう!

顔を見られて顔バレだけじゃなくて、住所や氏名や年齢などが漏れてしまうのではないかと思っている人もいると思いますが、大手の老舗サイトだったら厳重に管理されているので、まず漏れることはありませんので安心してください。中小の怪しいサイトに登録してしまったら漏れる可能性もなきにしもあらずです。

チャットサイトから個人情報が漏れてしまうことはありえませんが、チャットレディ自身がヘビーユーザーの男性客に個人情報を漏らしてしまったら元も子もありませんので、仲良しさんでも自分のプライベートな住所や名前などは教えないようにしましょう。

デメリット2 完全歩合制だからゼロの日もある

ライブチャットサイトというのはすべてフルコミッションです。代理店によっては待機時間のみでも報酬があるところもありますが、現状少ないです。

時給制のアルバイトは待機だろうがなんだろうが時間に対して報酬がもらえますが、チャットレディは実際にチャットするまで報酬が発生しないのがデメリットといえますね。

チャットレディの報酬額は最低でも誰かがチャットしてくれさえすれば簡単に2000円とか3000円稼げますが、待機時間はこの時給換算に含まれていません。

デメリット3 画面をスクリーンショットとられる可能性

チャットレディはパソコンを介してやりとりしているので、キャバクラや風俗みたいに面と向かって写メをとりにくいという状況ではなく、簡単にキャプチャをとられてしまう危険性もあります。

ライブチャットサイトはキャプチャ対策をいろいろしていますが、完全にキャプチャできないようにすることはできません。

ですが、キャプチャするような男性客は個人で楽しむ人がほとんどなので、ネットに流そうという悪意を持っている人はほぼいません。

風俗で働くメリットとは?

メリット1 時給がすごく高い

風俗は女性が稼げる職業の中でもとくに日給が高く設定されていますね。デリヘルで平均2,3万円、ソープで3,4万円といったところです。

風俗というのは世界で最初のビジネスとも言われているくらいです。肉体的に負担が大きいので、それだけ高い報酬となっています。

メリット2 好きなタイミングで働ける

風俗は必ずお店に出勤する必要がありますが、コンビニなどの普通のアルバイトと比べると、ものすごい融通が利いた出勤シフトを組むことができます。

メリット3 即金でもらえる

風俗のメリットはなんと言っても即金で、その日にもらえるところですね。その日に稼いだ分は帰りにもらえるので、即金が何よりもいいというひとにはおすすめです。

デメリット1 接客をしなければならない

デリヘルやソープなどは一応接客業なので、汚い客だったり、失礼な客でも誠実に対応しなければいけないというストレスがあります。

生理的に不潔な男性でも性的なサービスをしなければいけないので、お金が発生している以上接客する必要がありますので、精神的につらい部分もありますね。

デメリット2 性病にかかるリスクがある

風俗をやる上で女性が一番気にしているのは、梅毒とか淋病とかクラミジアなどの性病ではないでしょうか。

デリヘルとかソープランドで毎月のように遊んでいる男性は性病を持ち歩いている人も多いので、いろいろな性病にかかってしまうリスクがあります。

デメリット3 年齢がいっていると稼ぎにくい

風俗はどうしても肉体面が重視されるので、ぴちぴちの若い子が指名される確率が高いです。人妻専用ヘルスみたいなものもありますが、全体としては少ない割合です。

デメリット4 知り合いなどに身バレするリスク

自分が働いている風俗の店舗に知り合いの男性が来店して、接客なんてすることになったら、完全にあなたが風俗嬢をやっていると言うことが知れ渡ってしまいます。

チャットレディと風俗嬢のメリットデメリット

高時給

風俗とチャットレディはどちらも、一般的なコンビニバイトなどと比べてみるとものすごい高時給な部類に入ります。

チャットレディは青天井で月収が増えていきます。もちろん人気のチャットレディになってリピーターがたくさんいる場合に限りますが。

超絶売れている人気チャットレディは時給3万円以上の人もいるくらいで、そういった人は月収にすると300万円くらい稼いでいます。

チャットレディは普通にやっても時給で平均3,4千円、日給に換算すると1,2万円くらいになります。風俗だと平均して2万円から4万円くらいです。

チャットレディは人気の、毎月数百万円稼ぐようなチャットレディなら、風俗嬢を超えるくらいの時給で稼ぐことができますが、風俗嬢とチャットレディを平均額で比べてみると、平均的には風俗の方が時給が高い計算になりますね。

チャトレと風俗嬢は似て非なるもので、似ているところもたくさんあります。まず、待機時間があり、待機時間はお金が発生していないので、女性の報酬にはなりません。

風俗嬢も指名されないと報酬がさがりますし、それはチャットレディも同じことですね。一見さんばかりじゃなく、固定客をもつと格段に稼ぎやすくなります。

ライブチャットサイトでオンラインで待機できるチャットレディはターゲットになるお客さんが大量にいるので、風俗に比べてメリットが多いです。

隙間時間に働ける

チャットレディはネット上でお仕事ができるので、文字通り24時間働くことができます。時間帯も自由にくわえて、時間数も自由です。30分で切り上げてもいいですし、3時間やったり5時間やったりもできます。

風俗店などは店舗の営業時間にあわせた働き方になりますが、比較的好きな時間や日数で働くことができるといわれています。

その日の給料はその日にもらえる

チャットレディは代理店に登録して稼働していたり、通勤チャットルームを使ったときは日払いで即金でもらえますが、在宅チャットレディの場合は次の日に銀行口座に振り込んでもらえるという形が多いです。

達成するノルマがない

チャットレディも風俗も来客次第なので、ノルマなんてものをお店側が設定しても何の意味もありませんので、ノルマがあるお店などはありません。

チャットレディの方が全体的に見てお得です!

上記でチャットレディと風俗のいい点と悪い点をさまざまな視点から比較してきましたが、私的にはチャットレディが圧倒的にオススメです。

風俗に比べて物理的に男性ユーザーと接触する必要がないので、たったこれだけでも精神的にも肉体的にもかなりストレスが軽減されるのではないでしょうか。

チャットレディの直接会わなくていいというメリットはとても大きく、気楽に働きたいという女性に今人気急上昇中です。

他にチャットレディが優れている点として、隙間時間を有効活用して、ほんの30分1時間をお金に換えることができることです。

チャットレディはめちゃくちゃ融通が利きやすい職業として、どんな女性からも人気です。風俗などと違って生理中でも働くことができますし、24時間早朝だろうが深夜だろうが働くことができるので、隙間時間を有効に使ってお金に換えることができるんです。

チャットレディは風俗などと比べるとネットを介しているので、世界中の男性がターゲットといっても過言ではありません。

風俗店を利用して実際に性欲を満たそうとすると面倒でいかないという男性も多いと思いますが、ライブチャットならネット環境さえあればどこでもいつでも楽しめるので、ダントツで利用者が多いんです。

アラフォーくらいの年齢になった女性が風俗店で勤務しようとしても、あまりお客さんをつかまえられないかもしれませんが、ライブチャットサイトならお客さんの母数がまず段違いに違いますし、熟女好きのサイトであれば簡単にリピーターなどが付いてくれます。

熟女専門サイトのライブチャットだったら50代や60代の女性も活躍しているので、かなり高年齢の熟女でも稼げる環境が整っています。

ここまででチャトレと風俗嬢をやる上で、どれくらいメリットとデメリットがあるかを検証してきましたが、どうでしたでしょうか。

一気にたくさん稼ぎたいひとは、ソープやファッションヘルスがおすすめですが、自宅や通勤チャットレディでのんびり誰にも邪魔されずマイペースに稼いでいきたいというひとはチャトレがおすすめです!

チャットレディは風俗ほどの爆発力がありませんが、普通のバイトと比べると、時給も何倍もありますし、通勤しなくて自宅で好きな時間に働くことができて、24時間365日働くことができたり、報酬が次の日に振り込まれたり、様々なメリットがあります。女性ができる仕事で一番高級なのはチャットレディではないでしょうか。